耳鳴りキーンとなる原因•理由は?病気の予兆?

ボディ

こんにちはTac^^です。

たまに「キーン」や「ピー」といった耳鳴りが聞こえ、不快に感じたことはありませんか?

一般社団法人 日本補聴器工業会の調査によると、耳鳴りを感じたことがある人は20~30%にも及びます。

この耳鳴り、いままで気にならなかったという人もちょっと注意してみてください。

実は、病気の初期症状の可能性があるのです。

今回は、耳鳴りのメカニズムや症状の改善法、睡眠との関係をご紹介します。

スポンサーリンク

耳鳴りはなぜ起こる原因・理由は?

耳鳴りはなぜ起こる?

そもそも、人間は音をどのようにして聞いているのでしょうか。実は音を認識しているのは、耳ではなく、「脳」です。まずは、音を聞く仕組みを理解してから、耳鳴りが起こるメカニズムを探りましょう。

なぜ「音」は聞こえる?

耳は、「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」という3つの部位から構成されています。

  • 外耳…耳の入り口。耳介(じかい)(※)、外耳道(※)からなり、音を集めて中耳に伝える役割を持つ。音は外耳道の奥にある鼓膜が振動し、中耳に伝えられる。
  • 中耳…鼓膜の奥にある空間で、鼓膜と最も耳の内側にある内耳をつなぐ部分。音を増幅させて振動に変換し、内耳に伝える。
  • 内耳…中耳で受けた音の振動を電気信号に変え、脳に伝える役割をする。

音は、「外耳→中耳→内耳」の順に伝わり、内耳で電気信号に変換されて脳に伝えられます。つまり、電気信号が脳へ伝わって初めて、音として認識されているのです。

※耳介:皮膚と軟骨より形成される扇状の構造物で、私たちが「耳」と呼んでいる部位。
※外耳道:耳介で集められた音が通る道。突き当たりに鼓膜がある。

「耳鳴り」が起こるメカニズム

耳鳴りが起こるメカニズムはまだ全面的に明らかになったわけではありませんが、以下のようなことが考えられています。

耳の構造と同様、耳鳴りが発生するメカニズムは、「音が脳にどのように届いているか」という仕組みと関係があります。

耳鳴りは「音が聞こえにくくなった時、音を聞こうとして脳が過度に興奮して起こる症状」と考えられています。

音が聞こえにくいと、内耳から脳に向かう電気信号が届きづらくなります。脳に向かう電気信号が届きづらい状態だと、脳は過度に興奮状態となり、弱くなった電気信号を強化しようとします。

すると、電気信号が増幅し、耳鳴りとして聞こえる、という仕組みが考えられています。

他にも、内耳の細胞に何らかの障害が出ることが原因とする説もあります。

耳鳴りの症状とは

耳鳴りはその日の体調や精神状態によって、聞こえ方や感じ方が変わります。

また、同じ耳鳴りの症状でも、気にする人とあまり気にしない人で個人差があります。重症度も、全く気にならない軽度のものから、体調を崩したり気分が憂うつになったりしてしまう重度のものまで様々です。

耳鳴りは、自分が気にしているだけなのか、症状が重いのか判断しづらい点があります。自分が今どのような状態なのか段階を確認してみましょう。

□第1段階 ほとんど気にならない
つねに耳鳴りを感じるというわけではなく、ごくたまに気になるときがあるくらいで、日常生活への支障はない。

□第2段階 周りが静かだと気になる
つねに耳鳴りを感じるが、何かに集中しているときは忘れてしまう。日常生活に支障はないが、静かな場所では気になってしまう。

□第3段階 つねに気になって集中できない
つねに耳鳴りが気になって、仕事や家事などに集中できず、ストレスを感じる。夜もなかなか寝つけない。

□第4段階 終始悩まされ、夜も眠れない
つねに強い耳鳴りがつきまとって、日常生活に大きな支障をきたす。睡眠不足や強いストレスに悩まされ、苦痛の程度がいちばん高い。

出典:『明解! あなたの処方箋 最新版 本気で治したい人のめまい・耳鳴り』(石井正則)学研

段階が進むほど、耳鳴りの症状だけではなく、精神状態も悪くなっている可能性があります。耳鳴りの症状がある人は、毎日チェックしましょう。耳鳴りの症状が体調や気分によって左右されている可能性があるので、継続して症状を記録しておけば、医師に相談しやすくなります。

重度の耳鳴りが続くと、不眠になったりうつ病になったりする可能性があります。また、耳鳴りをそのままの状態にすると、同時に症状を引き起こしている原因となる病気も放置することにもなります。チェックの結果にかかわらず、ご自身の症状に不安がある方は専門医に相談しましょう。


スポンサーリンク
ボディ病気
スポンサーリンク
シェアする
Tac Gym Academy

コメント