うつ病になりやすい人が使う言葉

メンタル

こんにちはTac^^です。

うつ病になりやすい人が使う言葉

スポンサーリンク

うつ病になりやすい人が使う言葉

うつ病を患う人がますます増えている感のある今日このごろだが、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状がある風邪などとは違い、その苦しさが外から見て分からないのがやっかい。

だがもしかしたら、その人の言葉でうつ状態にあるかどうか見分けられるかもしれない。

イギリス・レディング大学の心理学者、モハメド・ムサウィ氏による研究によると、うつ病の人が使う言葉には3つの特徴があるのだという。

ムサウィ氏が名付けた「うつ語(language of depression)」の特徴は、

  1. 「私(自分)」の多用
  2. 「否定的」な言葉の多用
  3. 「絶対」の多用

だ。

この結果はネット上で公開されている膨大な数のうつ病の人々のエッセイやブログをコンピューターで解析して判明したもの。

これまでにもうつ病の人特有の言語を探る研究は行われてきたが、かつては研究者がうつ病の人の書いたものを読みつつメモを取るというアナログな手法が主流だった。

今ではコンピューターによる言語分析が可能となり、数分で膨大な情報を処理できるようになり、人間が見逃す可能性のある言葉や特徴を見つけ出すことができるようになった。

ソースとなるのはうつ病を患った詩人、シルヴィア・プラスの作品他、ネット上で公開されているうつ病の人々のエッセイやブログなど。

それらを言語分析することでうつ病の人が使いがちな単語や語彙の多様性、文章の長さの平均値、文法パターンなどさまざまなことが分かるのだ。

それではうつ病の人が書く文章などにどんな特徴があったのか見てみよう。


スポンサーリンク
メンタル病気
スポンサーリンク
シェアする
Tac Gym Academy

コメント