土日休みの疲れを月曜まで持ち越さない方法

ボディ

こんにちはTac^^です。

待ちに待った週末。
「平日のストレスを解消しないと!」「平日にできないことを沢山やらなければ」と意気込んでしまって、休み明けの仕事に影響が出ていませんか?

もしかしたら、休日の過ごし方を間違えているのかもしれませんよ。今回は、平日に疲れを持ち越さない休日の過ごし方をご紹介します。

スポンサーリンク

月曜の憂うつ、ひょっとしたら休日の疲れが原因かも

日曜の夜に「明日から会社(学校)だ……」と憂うつになってしまう「サザエさんシンドローム」や「ブルーマンデー症候群」、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

不動産情報を扱う株式会社オウチーノが実施したアンケートによると、20~30代の約半数が、日曜夜または月曜朝の憂うつ感を経験しているのだそう。

このように多くの人が憂うつになってしまう原因のひとつとして、休日疲れがあげられます。

休日に間違えた休息のとり方をしてしまうと、疲れを消化できないため、月曜日がよりいっそう憂うつになってしまうのです。

NGな休日の過ごし方

では、疲れを平日に持ち越してしまう、NGな休日の過ごし方とはどのようなものでしょうか。

1. 睡眠を取りすぎてしまう
せっかくの休日だからと、平日の睡眠不足を取り返すように長時間の睡眠をとっていませんか? 休みの日はついついお昼まで眠りたくなってしまいますが、実はこれも月曜の疲れの原因になります。いつもより遅い時間まで眠ることで体内時計が狂ってしまい、月曜の朝起きるときにより多くのエネルギーを消費してしまうのです。起床時間はなるべく平日の起床時間±1時間以内に抑えましょう。

2. テレビやインターネットばかり見てしまう
米メリーランド大学の研究によると「自分自身を不幸に感じている人はとても幸せだと考えている人に比べて30%長い時間テレビを観ている」のだそう。また、スウェーデンのヨーテボリ大学による研究では「長時間のネット利用がストレスや睡眠障害の原因となっている可能性がある」ことがわかっています。休日はついダラダラとテレビやインターネットばかり眺めて過ごしてしまいがちですが、テレビやネットの長時間利用はストレスを消化するどころか増幅させてしまう可能性があるのです。

3. ダラダラしすぎてしまう
平日が忙しい分、休日は家から一歩も出ずにダラダラしたいという方も多いかもしれません。しかし、ダラダラ過ごすことも月曜朝の憂うつの原因に。週末に羽を伸ばしすぎて自堕落な生活を送ってしまうと、自分がだめな人間になったようで、自分の魅力が低くなったように感じてしまうのです。


スポンサーリンク
ボディメンタルモチベーション健康
スポンサーリンク
シェアする
Tac Gym Academy

コメント