寒さ対策で体調管理首三つを冷やさない

ボディ

こんにちはTac^^です。

寒さ対策できる服装をご紹介しています。

初詣やイルミネーションなど、冬でも外で楽しむイベントは沢山ありますね!

寒さに負けない為にも「重ね着の方法」を知って、冬を楽しみましょう。

スポンサーリンク

寒さ対策できる重ね着の仕方

何も考えずに重ねてしまうと全然暖かくないどころか、重くて肩が凝ったり着太りしたりしてかわいそうな姿に……。何てことにならないように賢い重ね着法を知っておきましょう!

1枚目

1番下に切る肌着のサイズや素材に大事なポイントとしては、

  • 伸縮性があって肌に密着すること
  • 汗を吸って湿気を逃がしてくれる
  • 体温から出る熱を保温してくれる

つまり、1番下に着るのは汗を吸って保温してくれる素材が◎ユニクロなどで売られている機能性インナーが最適ということです。
コットンなどでは汗が外に出ていかないので、汗冷えしてしまうからです。

2枚目

2枚目のインナーに大事なポイントは、

  • 血行が悪くならないように、肌着との間に若干の隙間ができるサイズ
  • 綿やウールなどの素材で裏起毛などであれば尚暖かい

2枚目には締め付けないサイズ選びと、保温してくれる素材を選ぶと良いですね。

3枚目

アウターを脱いだら見える3枚目は、自分の好きなデザインの服を選びたいですね。素材の選び方としては、

  • ニット素材
  • スウェット素材
  • フリース素材

これらに共通しているのは空気をたくさん含むことができる点です。暖かい温度の空気を3枚目の下にキープすることが大事というわけです。

アウター

ウール素材にしてもダウンジャケットにしてもアウター選びで大事なことは、

  • 裏地や表地の生地の織が密なもの
  • 裏地が付いているもの

1~3枚目でキープした暖かさを逃がさないように織の密度には注意した方が良いということ。

更に、防水加工や撥水加工があるものであればなお良いですね。寒い地域では、ノースフェイスやパタゴニアなどの防寒撥水の機能に優れたジャケットを着用している人を良く見かけます。


スポンサーリンク
ボディ健康
スポンサーリンク
シェアする
Tac Gym Academy

コメント