プルームテックプラス比較違いタバコ減煙禁煙に向けて?

ボディ

こんにちはTac^^です。

「プルーム・テック」と「プルーム・テック・プラス」には、どのような違いがあるのかを見ていきます。

スポンサーリンク

1.加熱温度が「プルーム・テック」より10℃高い40℃に

「プルーム・テック・プラス」の加熱温度は40℃で、30℃の「プルーム・テック」に比べ、10℃高い。加熱温度が高いほどタバコ感が強く出るため、「プルーム・テック・プラス」はより吸いごたえのあるものとなっている。

「プルーム・テック」(左)の加熱温度は30℃

「プルーム・テック」(左)の加熱温度は30℃


 

2.たばこカプセル内のタバコ葉を増量

「プルーム・テック」は、蒸気をタバコ葉の粉末を詰めた「たばこカプセル」に通すことによって蒸気にニコチンを含ませるのだが、「プルーム・テック・プラス」では、たばこカプセル内のタバコ葉の量自体を増やしている。当然、たばこカプセルを通過した蒸気に含まれるニコチン量も増えるので、喫味もスロートキック(のどへの圧)も強くなるのだ。

なお、「プルーム・テック」と「プルーム・テック・プラス」の専用リフィル(カートリッジ+たばこカプセル)は、たばこカプセルのサイズこそ同じものの、カートリッジの構造が異なるので互換性はない。また、「プルーム・テック・プラス」の専用リフィルは、カートリッジ内のリキッドも、それぞれのフレーバー専用にデザインされているという。そのため、「プルーム・テック」ユーザーがよくやっていた、「たばこカプセルだけを変えて味変する」という吸い方は、「プルーム・テック・プラス」では推奨されない。

左が「プルーム・テック」、右が「プルーム・テック・プラス」の専用リフィル。たばこカプセル5個+カートリッジという内容は同じで、1箱で吸える回数もまったく同じだ

たばこカプセルのサイズは同じだがカートリッジの構造が異なり、互換性はないので注意

たばこカプセルのサイズは同じだがカートリッジの構造が異なり、互換性はないので注意

3.リキッド量もアップ。たっぷりの蒸気で満足感を高める

「プルーム・テック」では、蒸気量に物足りなさを感じるユーザーも多いようだ。ただ、「プルーム・テック」はカートリッジ内部のコットンに蒸気を発生させるためのリキッドを染み込ませる構造上、蒸気量には限界がある。そこで「プルーム・テック・プラス」では、たっぷりの蒸気を発生するのに十分なリキッドを内包できるリキッドタンク方式を採用している。

ほかにも、使い勝手が少しだけ違っている。「プルーム・テック」は完全オートスイッチ式で、いつでも吸い込めば蒸気を発生させられるが、「プルーム・テック・プラス」は本体中央ボタンをトリプルクリックで電源オン、3秒以上長押しで電源オフという仕様になった。

めんどうに感じるかもしれないが、内蔵リチウムイオン電池が190mAhから610mAhへと大容量化しているので、カバンの中などでの不用意な電源オンによる爆発などのリスクを防ぐためにも必要な変更だったのだろう。また、電源をオンにした後は、吸い込むたびにスイッチが自動で入るので、実際の使用感はそんなに変わらない。

「プルーム・テック・プラス」の専用リフィルは「メビウス」ブランド4種類のみ。レギュラー系・メンソール系がそれぞれ2種発売されている

ニオイ問題は同点。ニコチン感より多彩なフレーバーを楽しむなら「プルーム・テック」、強めの喫味が好みなら「プルーム・テック・プラス」

「プルーム・テック」はその喫味の軽さから、深呼吸のように蒸気を吸い込む肺吸い(ダイレクトラング)向きのデバイスだ。普通のタバコ同様に口に1回蒸気をためる口吸い(マウス・トゥー・ラング)では、「プルーム・テック」の喫味は軽く過ぎると感じる人も多いだろう。そのため、普段からVAPEを併用するなど、肺吸いに慣れており、ニコチン感の強さよりも多彩なフレーバーを楽しみたいなら、「プルーム・テック」のほうが適していると言えそうだ。

「プルーム・テック・プラス」は、紙巻きタバコ同様の口吸いできちんと楽しめるデバイスに仕上がっていると感じた。スロートキックをしっかり感じながら吸えて、ほぼ無臭という特徴は、今までの喫味が弱いと感じていた「プルーム・テック」ユーザーに大いに支持されるはずだ。


関連コンテンツ
ボディ健康
スポンサーリンク
シェアする
Tac Gym Academy

コメント